シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 岩盤不安定化実験に関する解析

作成年度 2005年度
論文名 岩盤不安定化実験に関する解析
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成17年度土木学会全国大会第60回年次学術講演会
誌名(No./号数) 第60回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM) DISC1 3-432
発表年月日 2005/09/07 ~ 2005/09/09
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(株)構研エンジニアリング横田 寛
構造研究室渡邊 一悟(WATANABE Kazunori)
地質研究室伊東 佳彦(ITO Yosihiko)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
国土交通省北海道開発局鹿島 康一
抄録
一般国道229号島牧村立岩覆道(旧道)は、1996年と1997年発生の豊浜・白糸トンネルの岩盤崩落を契機に北海道内に設定された長期岩盤計測地区の一つである。その目的は岩盤常時状態と崩壊時の基礎データ収集であり、1998年度に計測を開始した同地区では岩盤常時状態の挙動把握には一定の成果をあげているが、既に稼働7年目を迎え計測器老朽化の兆しもある。このような事態を考慮し、岩盤崩壊時のデータ取得を目的として発破工による不安定化実験が立案され、2004年10月13日に実施された。本文は、不安定化実験に際して発破の効果を確認するために行った、発破前後における静的応力解析について報告するものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.