シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 北海道の地震動観測値によるサイト特性設定の試み

作成年度 2005年度
論文名 北海道の地震動観測値によるサイト特性設定の試み
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成17年度土木学会北海道支部年次技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2006/02/02 ~ 2006/02/03
所属研究室/機関名 著者名(英名)
飛島建設(株)技術研究所上明戸 昇(KAMIAKITO Noboru)
飛島建設(株)技術研究所三輪 滋(MIWA Shigeru)
構造研究室佐藤 京(SATOH Takashi)
飛島建設(株)技術研究所池田 隆明(IKEDA Takaaki)
専修大学北海道短期大学金子 孝吉(KANEKO Takakichi)
構造研究室岡田 慎哉(OKADA Shin-ya)
抄録
地震動評価、およびリアルタイム地震防災に用いるための基盤から地表までのサイト特性(増幅特性)の設定では国土数値情報を用いた松岡・翠川の方法が用いられる事が多い。この方法では、国土数値情報により分類された微地形を基準とし、これに主要河川からの距離や標高によって表層30mの平均S波速度を算出し、この平均S波速度を経験的関係式から最大速度の増幅度に変換するものである。しかし、用いられた経験的関係式は特に関東地方を対象としたものである。我々はこの点に着目し、北海道の地震動に基づき、北海道のサイト特性を試みた。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.