シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 泥炭性軟弱地盤に対する高強度小径パイルの現場試験施工

作成年度 2005年度
論文名 泥炭性軟弱地盤に対する高強度小径パイルの現場試験施工
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第40回地盤工学研究発表会 平成17年度発表講演集
誌名(No./号数)
発表年月日 2005/07/05 ~ 2005/07/07
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土質基礎研究室林 宏親(HAYASHI Hirochika)
土質基礎研究室澤井 健吾(SAWAI Kengo)
不動建設大林 淳(OHBAYASHI Jun)
不動建設小飼 喜弘(KOGAI Yoshihiro)
不動建設飯田 清(IIDA Kiyoshi)
抄録
泥炭性軟弱地盤の沈下・安定対策としての深層混合処理工法は高価な対策となることが多い。この課題を解決するために、新しい施工方法によりセメントと砕石を地盤中に供給し、高強度で小径のパイルを造成する工法を考案した。本工法の改良効果を検証するために、載荷盛土を行い沈下計測などを実施した。[*]その結果、沈下量から逆算される応力分担比は一般的な深層混合処理工法で用いられる値に比べて大きな値となることがわかった。また、土圧計や間隙水圧計から得られる応力分担比も同様な傾向を示した。これは、高強度小径パイルの沈下低減効果には従来の応力分担比以外の要素を取り入れる必要があることを示唆している。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.