シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 深層混合処理工法による側方流動抑制対策の遠心力模型実験

作成年度 2005年度
論文名 深層混合処理工法による側方流動抑制対策の遠心力模型実験
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第40回地盤工学研究発表会 平成17年度発表講演集
誌名(No./号数)
発表年月日 2005/07/05 ~ 2005/07/07
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土質基礎研究室澤井 健吾(SAWAI Kengo)
土質基礎研究室西本 聡(NISHIMOTO Satoshi)
土質基礎研究室林 宏親(HAYASHI Hirochika)
抄録
泥炭地盤上に橋台を設置する場合、橋台背面部の盛土荷重により、泥炭地盤に側方流動が生じ、橋台下部の杭基礎を変形させてしまう恐れがある。側方流動対策の一つに、橋台背面部に深層混合処理工法を施工する方法がある。この際、接続盛土部のすべり安全率をFs≧1.5にすると側方流動を防ぐことができるとされているが、合理的な改良柱体の配置および強度に明確な基準が無い。そこで、深層混合処理工法における改良柱体の合理的配置を求めることを目的に、遠心力模型実験を実施した。その結果、改良率を上げることが側方流動の抑止に有効であり、深層混合処理工法の設計に利用できる杭の水平変位(目安値)を求めることができた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.