シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 平板載荷試験を用いた地盤種別の直接基礎寸法効果特性

作成年度 2005年度
論文名 平板載荷試験を用いた地盤種別の直接基礎寸法効果特性
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第40回地盤工学研究発表会 平成17年度発表講演集
誌名(No./号数)
発表年月日 2005/07/05 ~ 2005/07/07
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土質基礎研究室福島 宏文(FUKUSHIMA Hirofumi)
土質基礎研究室西本 聡(NISHIMOTO Satoshi)
土質基礎研究室冨澤 幸一(TOMISAWA Kouichi)
抄録
道路橋示方書の性能規定型基準への移行に伴い、直接基礎底面地盤の極限支持力算定式に支持力係数の寸法効果に関する補正係数が導入された。この補正係数は、基礎幅の増加が極限支持力を低下させる傾向にあることから、適正な構造物設計のためには寸法効果を踏まえた、より正確な設計定数(c,φ,補正係数等)の把握が必要とされている。[*]本検討では、寸法効果を考慮した適正な設計定数を把握する目的から、軟岩地盤、レキ質土地盤、岩砕による試験盛土地盤において載荷板の寸法形状を変えた地盤の平板載荷試験を実施し、直接基礎の形状の変化に伴う極限支持力の寸法効果特性について考察した。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.