シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 中間砂層を挟在する軟弱地盤における真空圧密工法の適用性について

作成年度 2005年度
論文名 中間砂層を挟在する軟弱地盤における真空圧密工法の適用性について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第40回地盤工学研究発表会 平成17年度発表講演集
誌名(No./号数)
発表年月日 2005/07/05 ~ 2005/07/07
所属研究室/機関名 著者名(英名)
ダイヤコンサルタント山田 満秀(YAMADA Mitsuhide)
ダイヤコンサルタント高坂 敏明(KOSAKA Toshiaki)
ダイヤコンサルタント五十嵐 勝(IGARASHI Masaru)
札幌開発建設部清見 博英(KIYOMI Hirohide)
土質基礎研究室林 宏親(HAYASHI Hirochika)
抄録
中間砂層が存在する泥炭地盤に対して、真空圧密工法を適用した場合、周辺地盤へ悪影響を与える可能性が指摘されている。本報告では、このような場合の変位抑制工法として、深層混合処理工の壁状改良の有用性について、有限要素解析による検証を行った。 [*]その結果、砂層の性状によって、影響範囲が異なり、これを抑制するために深層混合処理工法などを外周部に設置し、遮水する方法が有効であることが確認された。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.