シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 打込み鋼管杭の動的・静的鉛直載荷試験結果の比較検証

作成年度 2005年度
論文名 打込み鋼管杭の動的・静的鉛直載荷試験結果の比較検証
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第40回地盤工学研究発表会 平成17年度発表講演集
誌名(No./号数)
発表年月日 2005/07/05 ~ 2005/07/07
所属研究室/機関名 著者名(英名)
室蘭開発建設部江川 拓也(EGAWA Takuya)
土質基礎研究室西本 聡(NISHIMOTO Satoshi)
土質基礎研究室冨澤 幸一(TOMISAWA Kouichi)
抄録
杭の鉛直載荷試験の実施にあたっては、各試験法の適用限界を把握し対象構造物の性能に最も適した試験を費用と試験により得られる情報との組み合わせを考慮する必要がある。本検討では、従来の静的鉛直載荷試験である杭の押込み試験と新たに基準化された動的鉛直載荷試験である杭の衝撃載荷試験を同一箇所で実施し各試験から得られた杭の鉛直支持力特性を比較検証した。その結果、杭頭荷重~変位量関係は比較的一致し同程度の鉛直極限支持力が確認され、杭区間周面摩擦力度の分布は同一杭において良い一致を示した。杭先端支持力は衝撃載荷試験から明確な値が得られず押込み試験結果と比較するに至らなかった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.