シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 高靭性繊維補強セメント複合材料ECCを用いた鋼床版補強工法に関する研究

作成年度 2005年度
論文名 高靭性繊維補強セメント複合材料ECCを用いた鋼床版補強工法に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会
誌名(No./号数) 土木学会論文集 №812/Ⅵ-70 2006.3
発表年月日 2006/03/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
構造研究室三田村 浩(MITAMURA Hiroshi)
鹿島建設(株)技術研究所坂田 昇(SAKATA Noboru)
鹿島建設(株)技術研究所閑田 徹志
鹿島建設(株)技術研究所須田 久美子(SUDA Kumiko)
長岡技術科学大学丸山 九一
抄録
近年、大型車交通量の増加や車両の大型化に伴い、鋼床版の疲労損傷が多く報告されており、合理的で経済性に優れる疲労損傷対策工法が求められている。そこで、著者らは、鋼床版の上面増厚材料として、大きな引張ひずみが作用した場合でも引張力を保持しひび割れ幅の抑制効果に優れた高靭性繊維補強セメント複合材料(Engineered Cementitious Composite)を用い、ECCと鋼床版を一体化させるためのずれ止めにFRP製のプレートジベルを用いることによって、鋼床版の剛性を向上させ、鋼床版の応力低減によって疲労耐久性を確保させる工法を新たに考案した。新工法の概念とそれを構成するECCおよびその他の材料の基礎性能を実験的に把握し、工法の妥当性を検討した。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.