シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 H形鋼杭で実施した鉛直衝撃載荷試験の事例

作成年度 2006年度
論文名 H形鋼杭で実施した鉛直衝撃載荷試験の事例
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第41回地盤工学研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2006/07/12 ~ 2006/07/14
所属研究室/機関名 著者名(英名)
ジャパンパイル熊谷 裕道(KUMAGAI Hiromichi)
ジャパンパイル小嶋 英治(KOJIMA Eiji)
ジオトップ遠藤 勝美(ENDO Katsumi)
函館開発建設部山口 悟(YAMAGICHI Satoru)
寒地地盤チーム西本 聡(NISHIMOTO Satoshi)
寒地地盤チーム冨澤 幸一(TOMISAWA Kouichi)
抄録
杭の鉛直衝撃載荷試験は、ハンマー等により杭頭に動的荷重を加え、それにより発生する鉛直方向加速度および軸ひずみの時系列データを測定し、波動理論に基づいた解析を実施することで、杭の支持力特性を評価することを手法とする。この試験手法は、比較的低コストで試験時間が短く済むことから、最近では実施事例が増えている1)。ただし、実施事例の杭種に着目すると、そのほとんどが鋼管杭と既製コンクリート杭とで占められている。鉛直衝撃載荷試験をより広範に適用することを考慮した場合、他の杭種での基礎データ収集が望まれる。筆者らは今回、3 体のH形鋼杭の鉛直衝撃載荷試験を実施する機会を得た。これらのH形鋼杭は、仮設として用いることを意図したもので、それぞれの支持機構に違いを持たせた。本論では同載荷試験の概要を述べるとともに、試験結果および解析結果について示している。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.