シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 トレンチャー式撹拌工法による改良強度のばらつきについて

作成年度 2006年度
論文名 トレンチャー式撹拌工法による改良強度のばらつきについて
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第7回地盤改良シンポジウム
誌名(No./号数)
発表年月日 2006/10/31 ~ 2006/11/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地地盤チーム橋本 聖(HASHIMOTO Hijiri)
寒地地盤チーム西本 聡(NISHIMOTO Satoshi)
寒地地盤チーム林 宏親(HAYASHI Hirochika)
抄録
トレンチャー式撹拌工法は5~7mの深度の軟弱地盤を改良できる工法として、近年、急速に施工実績が増加している。本工法のメリットの一つとして、改良地盤強度のばらつきが少ないとされている。しかし、実際に確認された事例が少ないことから、混合処理工法(DMM)に準拠して設計や強度管理が行われている。実際のばらつきがDMMと比較して少なければ、室内目標強度を低減することが可能となる。さらに、強度管理法も簡便にできる可能性がある。[*]そこで、改良地盤の実態を正しく評価する目的で、北海道内の軟弱地盤に対し、トレンチャー式撹拌工法で改良した数現場の改良地盤を調査した。具体的には、採取したコアの評価(RQD)、深度方向への強度分布、一軸圧縮強さから改良地盤における強度のばらつき(発生不良率、変動係数)、現場強度と室内強度との比を評価した。その結果、土層構成、地盤特性に応じて強度のばらつきが異なることがわかった。特に、室内強度と設計基準強度の比は、施工時期や土層構成に大きく依存することがわかった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.