シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 高靭性セメント複合材料で上面増厚した合成鋼床版の疲労耐久性に関する研究

作成年度 2006年度
論文名 高靭性セメント複合材料で上面増厚した合成鋼床版の疲労耐久性に関する研究
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第5回道路橋床版シンポジウム
誌名(No./号数) 第5回道路橋床版シンポジウム講演論文集
発表年月日 2006/07/27 ~ 2006/07/28
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(株)宮地鐡工所的場 栄孝(MATOBA Hidetaka)
前田建設工業(株)大田 展裕(OTA Nobuhiro)
寒地構造チーム三田村 浩(MITAMURA Hiroshi)
寒地構造チーム今野 久志(KONNO Hisashi)
大阪工業大学松井 繁之(MATSUI Shigeyuki)
抄録
美原大橋は、全長972mの3径間連続斜張橋および3径間連続鋼床版箱桁で構成される橋梁である。本橋は、H5年度の道示に基づき詳細設計が行われたが、鋼床版のデッキプレートは、現道示が規定する剛性を十分確保していないことが認められた。本橋では、疲労予防対策として最も経済的で施行性が良いと考えられる合成鋼床版化を対策手法として採用した。本合成鋼床版には、上面増厚するコンクリートに繊維補強モルタル(ECC)、新たなジベルとして開発されたFRP製のプレート型のジベルが用いられている。プレートジベルの疲労耐久性は明らかとなっておらず、輪荷重走行試験後にジベルの基本性能確認試験(引抜き試験・せん断試験)を実施し、その破壊性状および残存耐荷力を検討した。[*][*]Recently in Japan、 fatigue-cracking damage in orthotropic steel decks is frequently reported. Fatigue damage had occurred by stress concentration around the welding part between steel elements. The reason is considered to be the remarkable increase of traffic volume and existence of overloaded vehicles. As a permanent measures of reducing fatigue damages of new making steel decks、 it is proposed that a layer of fiber reinforced concrete on the steel deck surface is put to change the whole system into a composite deck.[*] Generally、 SFRC(Steel Fiber Reinforced Concrete) is often used for the concrete on the steel deck surface. In addition、 the studs are often used to transmit the shear force between the steel and concrete. For many reason、 new type of composite steel deck that use ECC(Engineered Cementitious Composite) as additional concrete on the deck surface and plate made of FRP as shear connector was developed[*] To verify the idea was good or not、 fatigue test using a using wheel running machine was carried out. It is established by proof that this composite deck has enough fatigue durability. With the use of specimen after fatigue test using a using wheel running machine、 the element examination of plate shear connector carried out to verify the residual load bearing ability.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.