シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 輪荷重走行試験によるPC合成げた橋の主げた上フランジ切欠き支点部の耐久性検討

作成年度 2006年度
論文名 輪荷重走行試験によるPC合成げた橋の主げた上フランジ切欠き支点部の耐久性検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成18年度土木学会全国大会第61回年次学術講演会
誌名(No./号数) 第61回年次学術講演会講演概要集[CD-ROM]
発表年月日 2006/09/20 ~ 2006/09/22
所属研究室/機関名 著者名(英名)
(社)プレストレスト・コンクリート建設業協会清水 俊一(SHIMIZU Toshikazu)
(社)プレストレスト・コンクリート建設業協会大岡 昭雄(OOOKA Akio)
寒地構造チーム三田村 浩(MITAMURA Hiroshi)
大阪工業大学松井 繁之(MATSUI Shigeyuki)
抄録
一般的にPCコンポ橋と呼ばれるPC合成げた橋(PC合成床版タイプ)は、平成7年より平成9年にかけて建設省土木研究所が社団法人プレストレスト・コンクリート建設業協会と共同で開発した構造である。本構造は、PC板を埋設型枠とした合成床版であり、主げた上フランジを切り欠いてPC板を載せる形式を採用している。この切欠き支点部に着目した場合、比較的薄いコンクリート部分でPC板を支持しており、多くの補強鉄筋を配置しにくい部分でもあることから、施工荷重を考慮した切欠き支点部の静的載荷試験と、場所打ちコンクリート床版によって合成された後の床版に対して定点疲労試験を実施して安全性を確認している。[*]ここでは、定点疲労によって確認された主げた切欠き支点部のせん断疲労強度に対し、輪荷重走行試験を追加で実施し、その耐久性を確認することを目的に実験を行ったものである。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.