シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 積雪寒冷地における再生アスファルト混合物の長期的利用について

作成年度 2006年度
論文名 積雪寒冷地における再生アスファルト混合物の長期的利用について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第11回舗装工学講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2006/12/15
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地道路保全チーム上野 千草(UENO Chigusa)
寒地道路保全チーム田高 淳(TAKOU Jun)
寒地道路保全チーム安倍 隆二(ABE Ryuji)
抄録
積雪寒冷地において,アスファルト混合物を繰り返し再生利用する場合の品質の変化を確認することを目的として,針入度80-100のアスファルトバインダとアスファルト再生骨材を用い,低温領域中心に,繰り返し再生を行ったアスファルトバインダとアスファルト混合物の性状を検討した.[*]その結果,現在のアスファルト再生骨材の規格である針入度20程度まで劣化したアスファルトバインダを繰り返し使用した場合,化学性状,物理性状の著しい変動が見られ,再生添加剤による針入度の調整作業のみでは,新材と同等の品質を確保することが困難となることを確認した.
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

© 2023 Civil Engineering Research Institute for Cold Region, All rights reserved.