シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 動的載荷におけるアスファルト舗装の引張ひずみに関する一考察

作成年度 2006年度
論文名 動的載荷におけるアスファルト舗装の引張ひずみに関する一考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第11回舗装工学講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2006/12/15
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地道路保全チーム安倍 隆二(ABE Ryuji)
寒地道路保全チーム田高 淳(TAKOU Jun)
株式会社ズコーシャ久保 裕一(KUBO Yuuiti)
抄録
積雪寒冷地においてアスファルト舗装の理論的設計法の確立を目指し,供用中の国道に多層弾性理論により設計した舗装断面を構築し現地調査を実施した.現地調査では,走行試験やFWD試験を実施し,舗装体に動的荷重を載荷し,解析ひずみと実測ひずみの関係を検証した.解析結果から,FWD試験による動的載荷による解析ひずみは実測ひずみと比較的精度良く整合するが,走行試験による解析ひずみは実測ひずみと比較し,ひずみが小さい傾向にあり,載荷時間の影響が一要因であることが明らかになった.そのため,弾性係数の補正方法を検討した.
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

© 2023 Civil Engineering Research Institute for Cold Region, All rights reserved.