シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 「吹雪時を考慮した視線誘導施設マニュアル」策定に向けたこれまでの取り組み

作成年度 2006年度
論文名 「吹雪時を考慮した視線誘導施設マニュアル」策定に向けたこれまでの取り組み
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第50回北海道開発局技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2007/02/21 ~ 2007/02/22
所属研究室/機関名 著者名(英名)
雪氷チーム武知 洋太(TAKECHI Hirotaka)
雪氷チーム伊東 靖彦(ITO Yasuhiko)
雪氷チーム加治屋 安彦(KAJIYA Yasuhiko)
抄録
積雪寒冷地である北海道の冬期道路では、吹雪に起因した視程障害によってドライバーは視覚情報の乏しい状況での走行を強いられている。このため、吹雪視程障害対策は冬期道路交通の安全確保を目指す上で重要な課題として位置づけられる。[*]北海道では、この対策の一つとしてデリニェータ、スノーポール、固定式視線誘導柱、視線誘導樹などいくつかの種類の視線誘導施設が整備されている。しかし現状のマニュアル類では、視線誘導施設を吹雪対策として整備するに当たっては十分に取りまとめられていない。[*]そこで寒地土木研究所では、北海道開発局からの委託に基づき吹雪対策としての視線誘導施設の適用条件や必要な仕様などを取りまとめたマニュアル策定に取り組んでいる。[*]本文では、屋外調査などの結果や既往の知見を基に著者らがこれまでに検討した吹雪視程障害の現状、視線誘導施設の機能・効果、視線誘導施設の選定方法、固定式視線誘導柱の設計、視線誘導樹の設計の各項目の内容及び、「吹雪時を考慮した視線誘導施設マニュアル(案)」の構成や内容を報告する。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.