シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 4辺支持RC版の上端筋が耐衝撃挙動に及ぼす影響

作成年度 2007年度
論文名 4辺支持RC版の上端筋が耐衝撃挙動に及ぼす影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成19年度土木学会全国大会第62回年次学術講演会
誌名(No./号数) 第62回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)
発表年月日 2007/09/12 ~ 2007/09/14
所属研究室/機関名 著者名(英名)
㈱熊谷組伊勢谷 真樹(ISEYA)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
三井住友建設㈱三上 浩(MIKAMI Hiroshi)
寒地構造チーム今野 久志(KONNO Hisashi)
抄録
本研究では、押し抜きせん断破壊で終局に至るRC版の耐衝撃性状に与える上端筋の影響に関する検討を目的に、下端筋を同一とし上端筋の有無のみが異なるRC版を用いた重錘落下衝撃実験を実施した。[*]本検討結果を整理すると、以下のように示される。(1)上端筋の配筋の有無にかかわらず、最大重錘衝撃力および最大支点反力の性状はほぼ同等である。しかしながら、上端筋を配筋することによって、応答変位は抑制される。(2)RC版の破壊性状は上端筋を配筋することによって、衝撃力に対して版全体で抵抗し、損傷を軽微に抑えることができる。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.