シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 4辺支持RC版の重錘落下衝撃挙動に及ぼす載荷盤直径の影響

作成年度 2007年度
論文名 4辺支持RC版の重錘落下衝撃挙動に及ぼす載荷盤直径の影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成19年度土木学会全国大会第62回年次学術講演会
誌名(No./号数) 第62回年次学術講演会講演概要集(CD-ROM)
発表年月日 2007/09/12 ~ 2007/09/14
所属研究室/機関名 著者名(英名)
室蘭工業大学大学院相良 光利(SAGARA Mitsutoshi)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
三井住友建設㈱三上 浩(MIKAMI Hiroshi)
寒地構造チーム今野 久志(KONNO Hisashi)
抄録
本研究では、RC版の動的押し抜きせん断耐力の適切な評価方法の確立を目的として、4辺支持RC版の重錘落下衝撃実験を実施した。本実験では、同一形状寸法のRC版に対して載荷盤の直径を4種類に変化させ、RC版の動的押し抜きせん断性状に与える載荷盤直径の影響に関す検討を行った。[*]本検討結果を整理すると、以下のとおりに示される。(1)載荷盤直径が応答波形や押し抜きせん断コーンの大きさに与える影響は小さいものの、同一衝突速度(入力エネルギー)における損傷は載荷盤直径が大きいほど軽微である。(2)載荷盤直径にかかわらず、動的応答倍率を2.0程度にすることにより、RC版の押し抜きせん断耐力を安全側に評価可能である。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.