シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 非破壊試験によるコンクリートの凍害深さの推定に関する基礎的検討

作成年度 2007年度
論文名 非破壊試験によるコンクリートの凍害深さの推定に関する基礎的検討
論文名(和訳) Fundamental study on estimation method of frost damage depth of concrete by non-destractive inspection
論文副題
発表会 土木学会北海道支部平成19年度年次技術研究発表会
誌名(No./号数) 土木学会北海道支部平成19年度論文報告集、第64号、F-4 、2008.1
発表年月日 2008/01/30 ~ 2008/01/31
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム遠藤 裕丈(ENDOH Hirotake)
耐寒材料チーム田口 史雄(TAGUCHI Fumio)
耐寒材料チーム林田 宏(HAYASHIDA Hiroshi)
耐寒材料チーム草間 祥吾(KUSAMA Shogo )
抄録
通常の日常管理において、凍害深さを簡便かつ迅速に評価できる手法の確立を目指し、非破壊試験である超音波の表面走査法による凍害深さの推定について基礎的な検討を行った。その結果、本研究の範囲では、相対動弾性係数が75~80%まで低下している深さを推定することができた。また、深さ10cmの相対動弾性係数を推定する方法としても有効であることが示された。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.