シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 盛土厚層化による効率の良い土工に向けた検討

作成年度 2007年度
論文名 盛土厚層化による効率の良い土工に向けた検討
論文名(和訳)
論文副題 建設コスト縮減と工期短縮による早期供用を目指して
発表会 第51回北海道開発局技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2008/02/20 ~ 2008/02/21
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地地盤チーム安達 隆征(ADACHI Takayuki)
寒地地盤チーム西本 聡(NISHIMOTO Satoshi)
寒地地盤チーム佐藤 厚子(SATOH Atsuko)
抄録
近年、工事規模の大型化に伴い、経済的施工や工事の早期完成が求められている。特に、高規格幹線道路等の建設にあたっては、高盛土で大規模な土工が増加しており、効率の良い土工が工事全体の経済性、工期短縮に大きく影響するものと考えられ、建設コスト縮減、早期供用による経済効果につながるものと期待される。[*] 現在、道路土工に於ける盛土の締固めは、路床を除き、一層の厚さ30cmを標準として施工、品質管理されているが、効率性や経済性の観点から、盛土の一層当たりの施工厚さを標準の厚さよりも厚くすること(以降盛土厚層化と称する)を検討した
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.