シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 Applicability of Concrete Using Different Admixtures to PC Structures and their Effects on Improving Durability (各種混和材を用いたコンクリートのPC構造物への適用性と耐久性向上効果について)

作成年度 2010年度
論文名 Applicability of Concrete Using Different Admixtures to PC Structures and their Effects on Improving Durability (各種混和材を用いたコンクリートのPC構造物への適用性と耐久性向上効果について)
論文名(和訳)
論文副題
発表会 7th International Conference on Fracture Mechanics of Concrete and Concrete Structures & Post-Conference Workshops (第7回コンクリートおよびコンクリート構造物の破壊の力学に関する国際会議)
誌名(No./号数)
発表年月日 2010/05/23 ~ 2010/05/27
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム吉田 行(YOSHIDA Susumu)
北海道大学名和 豊春
耐寒材料チーム田口 史雄(TAGUCHI Fumio)
日鐵セメント渡辺 宏
抄録
In this study、 to develop an improvement method of durability for new or renewal concrete structures、 the physical properties and durability of concrete made with binders combining high-early-strength Portland cement with different admixtures were tested、 and their applicability to prestressed concrete structures was examined. The results showed that their application to actual structures was possible、 although the physical properties varied by the type of binder used. The results of durability testing also indicated the possibility of increasing the durability of concrete by selecting appropriate admixtures.[*]本研究では,コンクリート構造物の新規あるいは更新時の耐久性向上手法の一つとして,早強ポルトランドセメントと各種混和材を組み合わせたコンクリートの物性および耐久性について試験を実施して,PC構造物への適用性について検討を行った。その結果,強度発現や乾燥収縮ひずみは結合材の種類により異なるものの,実構造物への適用は十分可能であることが明らかとなった。また,耐久性試験の結果から,混和材の種類を適切に選定することにより,コンクリートの高耐久化が可能であることが明らかとなった。
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.