シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 2 / 5 RC製覆道模型の繰り返し重錘落下衝撃挙動に関する数値解析的検討

作成年度 2009年度
論文名 2 / 5 RC製覆道模型の繰り返し重錘落下衝撃挙動に関する数値解析的検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成21年度年次技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成21年度論文報告集第66号(CD-R)
発表年月日 2010/02/02 ~ 2010/02/03
所属研究室/機関名 著者名(英名)
室蘭工業大学大学院花岡 健治(HANAOKA Kenji)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
寒地構造チーム西 弘明(NISHI Hiroaki)
寒地構造チーム今野 久志(KONNO Hisashi)
抄録
本研究では,落石防護覆道の性能照査法の確立に寄与することを目的に,2 / 5 スケール覆道を対象として繰り返し荷重載荷実験を行い,その耐衝撃挙動について検討を行った.また,大型構造部材に関する実験的検討は試験体製作,実験装置,実験手法のいずれの観点からも容易ではないことより,より合理的な数値解析手法を確立し数値実験的に検討を行うことが得策であるものと判断される.このような観点より,本論文ではコンクリート要素の要素長が異なる場合における破壊エネルギー等価の概念導入の妥当性等を実験結果との比較により確認することとした.[*]本研究によって以下の事項が明らかになった.すなわち,(1) コンクリート要素に対して引張破壊エネルギー等価の概念を適用することにより,要素長の違いによって生じるひび割れの発生に起因した剛性低下を適切に評価可能であることが明らかになった(2) したがって,コンクリート要素に引張破壊エネルギー等価の概念を活用することにより,重錘衝撃力と載荷点変位波形に関する波形性状や最大値,および残留変位等を大概評価可能であることが明らかになった
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.