シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 水深が浅い消波護岸の防波フェンスに作用する波圧特性について

作成年度 2009年度
論文名 水深が浅い消波護岸の防波フェンスに作用する波圧特性について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第53回(平成21年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2010/02/23 ~ 2010/02/25
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒冷沿岸域チーム菅原 健司(SUGAWARA Kenji)
寒冷沿岸域チーム上久保 勝美(KAMIKUBO Katumi)
寒冷沿岸域チーム山本 泰司(YAMAMOTO Yasuji)
抄録
港湾、漁港及び海岸道路等の護岸天端高さについては、越波流量が許容値以下になるように設計されるが、微少な越波によって護岸背後の利用に支障を来すことは少なくない。その対策工としては、経済性や施工性に優れた防波フェンスが採用される例がある。しかしながら、静水面から高い位置に設置される防波フェンスの必要天端高さや、そのフェンスへの作用波圧等については明らかにされていない。本報告では、現地の2箇所の護岸をモデルに、水深が浅い消波護岸における越波特性と防波フェンスに作用する波圧特性を水理模型実験により検討する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.