シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 防波護岸における防砂シートの変動特性

作成年度 2009年度
論文名 防波護岸における防砂シートの変動特性
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第53回(平成21年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2010/02/23 ~ 2010/02/25
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒冷沿岸域チーム菅原 吉浩(SUGAWARA Yoshihiro)
北海道開発局時田 恵生(TOKITA Akio)
抄録
防波護岸における防砂シートの変動特性として、シートのひずみに着目した水理模型実験を実施した。その結果、波高が大きく裏込石内の水圧が大きいほどシートのひずみが大きい事、堤体前面からの波に比べ堤体背後からの波によるひずみが相当大きい事、埋め立て完成後もシートは水圧変動に合わせて動いている事が分かった。また、裏込石法面上に粒径の小さい砕石を施工することにより、防砂シートのひずみを低減させる効果があることが分かった。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.