シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 屋根付岸壁における水産物の鮮度保持について その1-現地調査-

作成年度 2010年度
論文名 屋根付岸壁における水産物の鮮度保持について その1-現地調査-
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成22年度日本水産工学会学術講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2010/05/22 ~ 2010/05/24
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒冷沿岸域チーム小玉 茂義(KODAMA Shigeyoshi)
寒冷沿岸域チーム小林 圭(KOBAYASHI Kei)
水産土木チーム佐藤 仁(SATOH Jin)
(株)アルファ水工コンサルタンツ岩倉 祐二(SAKURA Yuji)
抄録
昨今、国民の間に食の安心・安全の社会的ニ-ズが高まっており、水産物の流通の拠点である漁港では、水産物の鮮度保持および清潔保持についてソフト・ハ-ド対策を一体とし衛生管理機能の向上を図っている。[*] 衛生管理のハ-ド対策には、岸壁上に屋根の設置(以下屋根付岸壁)、清浄海水の導入、排水の適正処理等がある。屋根付岸壁は魚体の温度(以下魚体温)上昇、雨水による鮮度低下の抑制や鳥糞等の混入防止に効果があり、水産物の品質向上を図る役割があると言われている。しかし、その効果の定量的な評価手法は確立されていない。そこで、屋根付岸壁の効果の検証として現地調査を実施したので報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.