シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 屋根付岸壁における水産物の鮮度保持について その2-室内実験-

作成年度 2010年度
論文名 屋根付岸壁における水産物の鮮度保持について その2-室内実験-
論文名(和訳)
論文副題
発表会 平成22年度日本水産工学会学術講演会
誌名(No./号数)
発表年月日 2010/05/22 ~ 2010/05/24
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒冷沿岸域チーム小林 圭(KOBAYASHI Kei)
寒冷沿岸域チーム小玉 茂義(KODAMA Shigeyoshi)
水産土木チーム佐藤 仁(SATOH Jin)
(株)アルファ水工コンサルタンツ鎌田 昌弘(KAMADA Masahiro)
抄録
昨今、国民の間に食の安心・安全の社会的ニーズが高まっている。水産物の流通の拠点である漁港では、水産物の鮮度・清潔保持についてソフト・ハード対策を一体した衛生管理機能向上を図っている。[*]本報告では、陸揚げから出荷・流通の過程を想定して室内実験を実施している。室内実験は、室内温度を陸揚げから出荷の段階で変化をつけ、流通の段階で一定の温度にして決まった時間に鮮度を測定している。[*]本研究では、室内実験の結果から、屋根下での気温の違いによる鮮度低下を明らかにする。また、室内実験と現地調査の結果から、屋根下での4~5時間後の気温から4~5時間後の屋根下の魚体温を想定する手法、屋根下の魚体温から屋根外の魚体温を想定する手法を提案する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.