シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 サロマ湖沿岸海域の海浜過程への気候変化の影響

作成年度 2010年度
論文名 サロマ湖沿岸海域の海浜過程への気候変化の影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第35回海洋開発シンポジウム
誌名(No./号数) 海洋開発論文集 Vol.26
発表年月日 2010/06/24 ~ 2010/06/25
所属研究室/機関名 著者名(英名)
北海道大学大学院横山 慎(Makoto YOKOYAMA)
北海道大学大学院坂口 翔(Sho SAKAGUCHI)
アルファ水工コンサルタンツ林 健太郎(Kentaro HAYASHI)
寒冷沿岸域チーム菅原 吉浩(SUGAWARA Yoshihiro)
北海道大学大学院猿渡 亜由未(SARUWATARI Ayumi)
北海道大学大学院山下 俊彦(YAMASHITA Toshihiko)
抄録
In recent years、 wave overtopping is occurred by high waves in sand spit of Saroma faced Okhotsk Sea.This overtopping don’t case cutting off the sand spit because of rising height of sand spit by sediment deposition. But、 incerasing of waves energy owing to decreasing drift ice area and change of wave direction are important to think change of the topography of sand spit form analysis of existiong data of average tide level、 wind drift ice、 and waves. We conducted prediction of ocean waves using SWAN in the case of existing drift ice or no one.
本文閲覧ご希望の方は、直接、当該学会等にお問い合わせください。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.