シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

論文投稿 2車線道路における緩衝分離構造の導入可能性の検討

作成年度 2010年度
論文名 2車線道路における緩衝分離構造の導入可能性の検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 土木計画学研究・論文集Vol.27
誌名(No./号数) 土木計画学研究・論文集Vol.27
発表年月日 2010/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地交通チーム平澤 匡介(HISASAWA Masayuki)
寒地交通チーム武本 東(TAKEMOTO Azuma)
寒地交通チーム葛西 聡(KASAI Satoshi)
抄録
中央分離帯がない2車線道路では、限られた空間を対向する車両が高速で移動するために、正面衝突による死亡事故が起きることがある。道路構造令では、特例として中央分離帯の設置が認められているが、費用が高額になるので、設置は限定される。ワイヤーロープ式防護柵は、支柱が細く緩衝機能があり、必要幅員も少ない。本稿は、緩衝機能を有するワイヤーロープ式防護柵を2車線道路の中央分離施設として導入するために、試験施工や性能を確認するための衝突試験を行い、道路構造令や防護柵設置基準等の適用性を検討し、日本における導入可能性を考察した結果を報告するものである。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.