シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 道路防雪林の視程改善効果と風の交角の関係

作成年度 2010年度
論文名 道路防雪林の視程改善効果と風の交角の関係
論文名(和訳)
論文副題
発表会 雪氷研究大会(2010・仙台)
誌名(No./号数) 雪氷研究大会(2010・仙台)講演要旨集
発表年月日 2010/09/27 ~ 2010/09/29
所属研究室/機関名 著者名(英名)
雪氷チーム伊東 靖彦(ITO Yasuhiko)
雪氷チーム松澤 勝(MATSUZAWA Masaru)
抄録
吹雪対策施設である防雪柵や防雪林において、その施設の防雪・防風効果を評価する場合、風の入射角を考慮することは重要である。防雪林での入射角と防雪・防風効果の関係は、北海道北部の一事例に留まるので、別の防雪林において計測を試みた。[*]その結果、交角 45°~90°程度の吹雪に対して、防雪林の視程改善効果はほぼ一定であり、平行風に近い場合、視程改善効果が劣る傾向が得られた。平行風の場合、特に風上の風速が大きい場合に、風速はあまり低減されず、視程も悪化する傾向が得られた。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.