シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 海岸道路用防波フェンスの必要高さと作用波圧に関する検討

作成年度 2010年度
論文名 海岸道路用防波フェンスの必要高さと作用波圧に関する検討
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第54回(平成22年度)北海道開発技術研究発表会
誌名(No./号数)
発表年月日 2011/02/22 ~ 2011/02/24
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒冷沿岸域チーム菅原 健司(SUGAWARA Kenji)
寒冷沿岸域チーム上久保 勝美(KAMIKUBO Katumi)
寒冷沿岸域チーム山本 泰司(YAMAMOTO Yasuji)
抄録
港湾・漁港の臨港道路、および海岸道路において、護岸からの越波による飛沫や水塊が、走行する車両に支障を来す例がある。この場合の対策工としては、防波フェンスがあるが、必要天端高さや防波フェンスに作用する波圧については、十分に明らかにされていない。本報告では、実際に車両被害が発生した現場をモデルケースとして、防波フェンスの必要高さや作用波圧について、実験的に検討するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.