シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 30 年以上経過した表面処理仕様耐候性鋼橋梁の腐食調査

作成年度 2011年度
論文名 30 年以上経過した表面処理仕様耐候性鋼橋梁の腐食調査
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第58回材料と環境討論会
誌名(No./号数)
発表年月日 2011/09/28 ~ 2011/09/30
所属研究室/機関名 著者名(英名)
室蘭工業大学境 昌宏(SAKAI Masahiro)
小樽開発建設部長谷部 智久(HASEBE Tomohisa)
室蘭開発建設部美馬 大樹(MIMA Hiroki)
寒地構造チーム西 弘明(NISHI Hiroaki)
室蘭工業大学栗橋 祐介(KURIHASHI Yusuke)
室蘭工業大学岸 徳光(KISHI Norimitsu)
抄録
架設から 30 年以上が経過した表面処理仕様耐候性鋼橋梁の腐食調査を行った。腐食調査結果より,漏水が生じる桁端部でうろこ状さびや層状剥離さびが観察されるものの,桁中央部は比較的健全であり,表面処理剤が残存している箇所も見受けられた。30 年以上の経過年数,離岸距離 2 km 以内の環境であることを考慮すると,全体的に健全であることが確認された。今回の調査結果をもとに,表面処理仕様耐候性鋼橋梁の新たな健全性評価基準を提案した。なお,今回の調査において発見された層状剥離さびなどの発生箇所については,必要に応じて順次補修が行われているところである。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.