シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 海氷群を伴った津波の市街地氾濫に関する一考察

作成年度 2013年度
論文名 海氷群を伴った津波の市街地氾濫に関する一考察
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第38回海洋開発シンポジウム
誌名(No./号数) 土木学会論文集B3(海洋開発)、 Vol.69、 No.2
発表年月日 2013/06/27 ~ 2013/06/28
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒冷沿岸域チーム木岡 信治(KIOKA Shinji)
寒冷沿岸域チーム森 昌也(MORI Masaya)
日本データーサービス(株)遠藤 強(ENDO Tsutomu)
八戸工業大学竹内 貴弘(TAKEUCHI Takahiro)
北海道大学大学院渡部 靖憲(WATANABE Yasunori)
抄録
 本稿では,過去に発生した海氷を伴う津波の被害事例を概観するとともに,海氷群を伴った津波の市街地氾濫に関する水理模型実験を行い,その上乗せリスクの可能性について検討した.建築物間においアイスジャム(氷群の閉塞)が発生すると,流れをせき止める.建築物へのインパクトは,遡上津波先端近傍の氷群による衝突荷重がまず作用するが,その後に続く準定常部分においても,大きな荷重が持続する.これは閉塞による水位上昇分と,建築物間の静水圧も加味した静水圧荷重で説明できた.また,津波避難ビル等への避難に際しては,その建築物が崩壊せずとも,水位上昇と氷群のパイルアップ(氷群の積み重なり)も勘案すると,より高い所に避難する必要がある事が示唆された.
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.