シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 道路案内標識の簡易対策工による着雪時間の減少について

作成年度 2013年度
論文名 道路案内標識の簡易対策工による着雪時間の減少について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第30回日本道路会議
誌名(No./号数)
発表年月日 2013/10/30 ~ 2013/10/31
所属研究室/機関名 著者名(英名)
雪氷チーム松下 拓樹(MATSUSHITA Hiroki)
雪氷チーム松澤 勝(MATSUZAWA Masaru)
雪氷チーム中村 浩(NAKAMURA Hiroshi)
抄録
傾斜板を取付けた場合の着雪減少の効果を想定するための基礎資料として、この対策工による着雪時間減少の効果と積雪や気象条件との関係を明らかにするため現地試験を行った。[*] 試験の結果より、着雪関連する代表的な要素として気温と積雪深を指標に、無対策及び傾斜板を取付けた場合の着雪時間の割合を推定することができる。つまり、対策を施した場合の着雪時間減少の効果の評価が可能となる。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.