シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 低密度雪塊の落下による衝撃荷重の推定手法

作成年度 2013年度
論文名 低密度雪塊の落下による衝撃荷重の推定手法
論文名(和訳)
論文副題
発表会 雪氷研究大会(2013・北見)
誌名(No./号数)
発表年月日 2013/09/17 ~ 2013/09/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
雪氷チーム松下 拓樹(MATSHSHITA Hiroki)
雪氷チーム上田 真代(UEDA Masayo)
雪氷チーム笠村 繁幸(KASAMURA Shigeyuki)
雪氷チーム松澤 勝(MATSUZAWA Masaru)
雪氷チーム中村 浩(NAKAMURA Hiroshi)
抄録
落雪による衝撃荷重の把握は,道路案内標識等の道路施設や構造物からの落雪による被害発生の可能性を検討する上で重要である.落雪による衝撃荷重について,高密度の雪や氷を用いた測定例は多いが,密度が小さい雪の測定例は少ない.そこで,低密度の雪の落下による衝撃荷重について実験を行った.[*] その結果,低密度雪塊の落下による衝撃荷重は,雪の硬度,密度,衝突速度(落下高)を用いて推定できると考えられる.
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.