シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 斜風時における吹き払い柵の防雪機能について

作成年度 2013年度
論文名 斜風時における吹き払い柵の防雪機能について
論文名(和訳)
論文副題 縮尺模型を用いた風洞実験による検討
発表会 雪氷研究大会(2013・北見)
誌名(No./号数)
発表年月日 2013/09/17 ~ 2013/09/21
所属研究室/機関名 著者名(英名)
寒地機械技術チーム山崎 貴志(YAMAZAKI Takashi)
寒地機械技術チーム住田 則行(SUMITA Noriyuki)
寒地機械技術チーム三浦 豪(MIURA Gou)
抄録
道路の防雪対策として広く設置されている吹き払い柵は、柵の下部間隙から吹き抜ける風で路面の雪を吹き払う機能を持つ防雪柵であるが主風向が直交方向でなければその効果は小さくなるといわれている。しかし、斜風時における吹き払い柵の防雪機能が直交風時と比較してどの程度低下するのかについては明らかとなっていない。本件では、斜風時における吹き払い柵の防雪機能を検討するため、縮尺模型を用いた風洞実験でのPIVにより、直交風時における防雪機能との比較を行った。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.