シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 積雪寒冷期のプレキャストコンクリート製品製造時の養生方法に関する研究

作成年度 2013年度
論文名 積雪寒冷期のプレキャストコンクリート製品製造時の養生方法に関する研究
論文名(和訳)
論文副題 雪中養生の試行
発表会 雪氷研究大会(2013・北見)
誌名(No./号数) 雪氷研究大会(2013・北見)講演要旨集
発表年月日 2013/09/17 ~ 2013/09/21
所属研究室/機関名 著者名(英名)
耐寒材料チーム島多 昭典(SHIMATA Akinori)
耐寒材料チーム田畑 浩太郎(TABATA Koutarou)
耐寒材料チーム田口 史雄(TAGUCHI Fumio)
耐寒材料チーム吉田 行(YOSHIDA Susumu)
抄録
災害時に設備や燃料が十分に確保できず、養生がネックになって施工ができない場合を想定し、温度がほぼ0℃と安定している雪中での養生を試行した。その結果、雪中養生では初期の強度発現が遅く、同じ材齢の20℃養生よりも約10~20N/mm2低い値となったが、積算温度差を考慮し、養生日数を多くとることで必要強度を確保できることから,雪中養生による製造が可能であることを確認した。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.