シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

発表 道路画像自動撮影投稿アプリケーションの開発について

作成年度 2013年度
論文名 道路画像自動撮影投稿アプリケーションの開発について
論文名(和訳)
論文副題
発表会 雪氷研究大会(2013/北見)
誌名(No./号数)
発表年月日 2013/09/17 ~ 2013/09/20
所属研究室/機関名 著者名(英名)
雪氷チーム國分 徹哉(TETSUYA Kokubu)
雪氷チーム金子 学(KANEKO Manabu)
雪氷チーム武知 洋太(TAKECHI Hirotaka)
雪氷チーム松澤 勝(MATSUZAWA Masaru)
抄録
近年、ツイッターやSNSの普及に伴い、公的機関や一般市民による災害情報の共有が行われる様になった。ただ情報共有が吹雪災害に利用された事例は未だ無い。寒地土木研究所では平成21年度から一般ドライバーを対象とした「吹雪の投稿情報提供システム」を構築し、試験運用を行っている、その結果一般ドライバーからの情報収集の可能性が確かめられたが、投稿数が限られ、特に視界不良時の投稿が少ないことがわかった。これの対策として、近年急速に普及するスマートフォンを活用し、一連の投稿動作が自動化することが効果的であると考え自動化アプリケーションの開発と試験運用を行った。[*]その結果、多数の情報が収集可能となり、さらに収集した情報を地図上に表示することが出来、効果が期待できるものであったが、ナンバープレートも撮影されるなどの問題点もわかった。
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.