シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 道路維持機械に関する調査について-橋梁点検の高度化に関する調査-

作成年度 1998年度
論文名 道路維持機械に関する調査について-橋梁点検の高度化に関する調査-
論文名(和訳)
論文副題 平成10年度(指-5)
発表会 平成10年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成10年度技術研究発表会
発表年月日 1999/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
現在、当局の橋梁点検作業は、モニタ式橋梁点検車で年間約300橋実施しており、その点検結果は、橋梁の維持管理計画に有効に活用されている。橋梁点検は、昨今の地震災害の多発、道路構造令の改正等にともない、点検周期の見直しや点検項目の拡大等、従前よりも更に詳細な点検の要望が高くなっている状況にある。そこで、本調査では迅速で高性度な橋梁点検作業を行うために、これまでのシステムを再構築し、橋梁点検車の機能向上、点検作業の自動化、点検記録・整理のOA化を行うことで橋梁維持管理の合理化、効率化を図り、橋梁点検の高度化を実現することを目的に調査試験を行うものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.