シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 (仮称)新十勝大橋の設計と施工

作成年度 1989年度
論文名 (仮称)新十勝大橋の設計と施工
論文名(和訳)
論文副題 平成元年度(橋-3)
発表会 平成元年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成元年度技術研究発表会
発表年月日 1990/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
平井篤夫
佐藤昌志
熊谷政行
抄録
一般国道241号帯広北バイパスは、帯広市周辺の交通渋滞を解決するために計画されたものであり、新十勝大橋はそのメイン事業である。本橋は、十勝川をまたぐ橋長755kmの長大コンクリート橋であるが下部工は上部工反力が大きくなることから中央径間のP-2、P-3橋脚は、ニューマチックピアケーソン工法を採用している。上部エは最大支間170mの3径間連続変断面PC箱桁橋であり上下部とも国内有数の規模を誇る。ここでは、主径間部の設計と施工について報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.