シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 鷹栖地区における高水および長期流出量の変化-農地造成に伴う流出量の変化について-

作成年度 1989年度
論文名 鷹栖地区における高水および長期流出量の変化-農地造成に伴う流出量の変化について-
論文名(和訳)
論文副題 平成元年度(農-14)
発表会 平成元年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成元年度技術研究発表会
発表年月日 1990/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
小野寺晃良
工藤健治
抄録
農地造成によって、地形、植生、流路等が変化するのに伴い流域の流出特性が影響され、流出形態が変化することが予想されるので、これに対応した防災施設や排水施設の計画・設計が必要である。このため農林水産省では、計画基準を改訂するにあたって、農地造成地と未造成地の流出量比較調査を昭和55年度から全国的に実施している。このうち上川管内では、鷹栖地区において詞査を継続中であり、それぞれ類似した流域の農地造成流域と林地流域を設定し、両流域において降雨量と流出量の観測を行い、流出特性に対応した流出量変化を調査・解析し基準化を図ろうとしている。今回は鷹栖地区の高水流出、長期流出及び、融雪流出について結果の一部を報告する。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.