シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 河道計画と河道設計に関する研究-河川の自由度と施設設計に関する研究-

作成年度 1992年度
論文名 河道計画と河道設計に関する研究-河川の自由度と施設設計に関する研究-
論文名(和訳)
論文副題 平成4年度(指-2)
発表会 平成4年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成4年度技術研究発表会
発表年月日 1993/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
近年、河川の機能として治水・利水に加え親水活動や河川環境、生態環境を重視した様々な河川改修が展開されている。北海道開発局でもAGS(アクア・グリーン・ストラテジー)等の多自然型工法の積極的な展開により流域の優れた自然環境に配慮した河川の整備手法や工事を進めてきている。しかし、この様な整備を進める上では、3次元的な水の流れや土砂の挙動の把握とそれに伴う法線、縦横断形の変化等を考慮し、柔軟に対処できる河道計画と施設設計手法の必要性が生じている。そこで、本研究では従来より展開してきた河川改修に加え、今後の積極的な展開が予想されるAGS(多自然型河川改修)等、特に自然環境、生態環境等に配慮した工事を進める上で必要になる新しい河道計画及び施設設計方針について検討するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.