シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 北海道らしい護岸・根固工法の検討-大洪水時には頼りがいがあり、いつもは自然にやさしく-

作成年度 1992年度
論文名 北海道らしい護岸・根固工法の検討-大洪水時には頼りがいがあり、いつもは自然にやさしく-
論文名(和訳)
論文副題 平成4年度(指-3)
発表会 平成4年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成4年度技術研究発表会
発表年月日 1993/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
洪水時に激流を呈する蛇行流から川岸、堤防の決壊を防ぎ、国民の生命と財産を守り、河川流域の安全性を確保することは極めて重要な施策である。また、河川の第3の機能といわれる河川環境機能と親水性を保持、増進することは豊かな国土を形成するのに不可欠の用件である。特に河岸を良好に保全することは親水性を保持する上で重要である。このような背景のもとで、平成2年度より生物の育成環境と自然景観を保全、創出する多自然型川づくりについて検討し、更には護岸法覆工、根固工設計指針の再検討を含め合理的な設計、施工手法を確立するための研究を進めてきた。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.