シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 除雪機械に関する調査-特定箇所除雪の効率化に関する調査-

作成年度 1995年度
論文名 除雪機械に関する調査-特定箇所除雪の効率化に関する調査-
論文名(和訳)
論文副題 平成7年度(指-4)
発表会 平成7年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成7年度技術研究発表会
発表年月日 1996/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
道路除雪において、現在行われている一連の除雪作業の中で、最も遅れがちなのが除雪ドーザによる作業で、他の通行車輌を妨げる要因となり、安全面でも問題となっている。除雪ドーザは、都市部の交差点の段差解消、横断歩道部の間口処理、ランプ部といった箇所に対し、「巻き込み」、「すり付け」等といった作業を行っているが、その間の回送速度が遅いことから除雪作業の効率を悪くしており、高規格道路の対応も含め、ドーザの全体的な改良が必要となった。また、長大なつり橋の除雪は耐風安定性上堆雪させることができないために、早期処理が要求され、特に、橋梁フェアリング部の着雪は除去しなければならない。そこで、回送速度の高速化、除雪能力の向上、さらに現在、人力に頼っている箇所の機械施工を可能にする、除雪装置の能力及び機能向上を図った高速形除雪ドーザ及び橋梁の安全確保のため、多数の設置物を有するフェアリング部に対応した橋梁対応形除雪車を開発するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.