シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 冬期路面対策に関する研究

作成年度 1994年度
論文名 冬期路面対策に関する研究
論文名(和訳)
論文副題 平成6年度(指-1)
発表会 平成6年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成6年度技術研究発表会
発表年月日 1995/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
スタッドレスタイヤの普及に伴い、冬期路面管理の重要性は従来にも増して高まっている。札幌市のスタッドレスタイヤの普及率は平成4年度冬期にほぼ100%に達し、それと同時期にすべり摩擦係数の極めて小さい路面状況が初冬期を中心に発生し世間の注目を集めた。また、5年冬期には「スパイクタイヤ粉塵の発生の防止に関する法律」の指定地域がほぼ全道域に拡大され、道内各地から同様な路面状況発生の報告が寄せられた。このような状況のもと、道路管理者においては、冬期の路面対策を再検討し、快適な道路環境を利用者に提供することが求められている。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.