シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 鵡川大橋の架設報告について

作成年度 1986年度
論文名 鵡川大橋の架設報告について
論文名(和訳)
論文副題 昭和60年度(C-11)
発表会 昭和60年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和60年度技術研究発表会
発表年月日 1986/08/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
藤田洋延
金川宏
山中敏征
千鶴芳裕
柳屋勝彦
抄録
本路線は、室蘭と浦河を結ぶ総延長119.4kmの元二級国道で道央ベルト地帯と日高、道東を結ぶ主要路線としてその果たしている役割は大きい。当路線の鵡川町に位置する現在の鵡川大橋は延長342.60m、車道巾員6.00m、歩道巾員1.50mとなっており、昭和29年に架設されたものである。交通の状況は橋の巾員が狭いため大型車のすれ違いができなく、実質的には1車線の交互通行を余儀なくされている。又、交通容量から見た場合、日交通量14,555台/日(昭和55年度)に対し設計基準量(現橋容量)は7,367台/日であり混雑度は1.98となり本橋新設が望まれ現橋を下り車線、新橋を上り車線としたセパレート方式を採用し、昭和57年着工の運びとなった。新橋の計画に当り地盤条件、河川上の条件、経済性により2径間について鋼床版箱桁橋を採用したが、本橋施工に当り鋼床版の架設工法、現場溶接方法、塗装方法について工事報告するものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.