シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 漏水対策に関する調査研究(第2報)

作成年度 1981年度
論文名 漏水対策に関する調査研究(第2報)
論文名(和訳)
論文副題 昭和55年度(D-1)
発表会 昭和55年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和55年度技術研究発表会
発表年月日 1981/10/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
近年、経済や社会の発展は目覚ましいものがあり、とりわけ平野である河川の想定氾濫区域内への人口、資産の集中が著しいものがある。河川事業も長年の懸案であった無堤地区の解消もほぼ達成に近い状態となっている。しかし、有堤部が長くかつ堤頂部が高くなるという事は、洪水の滞水時間が増加し、このため堤体や基盤漏水の可能性も増大する。現に最近の大洪水である昭和50年8月洪水時には、石狩川・十勝川・天塩川などで漏水が発生したと報告されている。しかし、残念ながら定量的な現象は、把握されていない。このため本課題は、昭和54年度を初年度として4ヶ年計画で、漏水対策に関連する調査研究を行い、漏水量の危険度判定・対策工設置の判定基準・最適工法等を検討し、今後の設計施工指針の作成に寄与するものとする。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.