シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 鵡川河口干潟の保全と再生への取り組みについて(第2報)

作成年度 2002年度
論文名 鵡川河口干潟の保全と再生への取り組みについて(第2報)
論文名(和訳)
論文副題 平成14年度(河-29)
発表会 平成14年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成14年度技術研究発表会
発表年月日 2003/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
大石兼史
松本聡
谷口清
抄録
鵡川河口の干潟は、日本有数のシギ・チドリ等を中心とした渡り鳥の中継基地として、地元の人々や全国の野鳥愛好家に古くから知られている。しかしながら、鵡川河口干潟は昭和50年代以降の海岸侵食等により年々減少し、渡り鳥の中継基地としての機能も年々低下している状況にある。このような背景を踏まえ、鵡川河口部の保全のあり方を住民の方々と一緒になって考える場「鵡川河口に関する懇談会」を、平成8年に設け意見交換を行ってきた。平成12年度からは試験的な干潟の造成を行い、昨年度はこれら干潟試験地概要等について第1報として紹介させて頂いた。平成14年度は、これまでの試験地で得られた調査結果を踏まえ当面の目標とする2.5haの干潟再生を行う工事の概要と、干潟や河口周辺の環境保全のための汀線侵食対策工(案)及び、地域住民の方々による干潟の保全・再生に関わる取り組みについて第2報として紹介させて頂く。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.