シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 除雪機械に関する調査-冬期路面管理の効率化に関する調査-

作成年度 2002年度
論文名 除雪機械に関する調査-冬期路面管理の効率化に関する調査-
論文名(和訳)
論文副題 平成14年度(指-5)
発表会 平成14年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成14年度技術研究発表会
発表年月日 2003/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
北海道の道路は、「スパイクタイヤ粉じんの発生の防止に関する法律」の施行以降、非常に滑りやすい路面が発生するようになり、交通渋滞・スリップ事故・歩行者転倒事故等の要因となっている。この様な状況の中、北海道開発局では除雪強化に加え、凍結防止剤の散布を行っているが、一般道路利用者及び交通管理者からの冬期路面管理向上への要望は未だ強い現状であるため、より効率的・効果的な冬期路面管理が求められている。そこで冬期路面管理の実態を調査し、問題点や対策等を整理するとともに、すべりやすい路面に対する効果的な方策として、車両進行方向に対して横断方向(横溝)に近い溝を形成できる装置等を開発し、すべりやすい路面の発生を抑制・遅延させるとともに、効率的な凍結防止剤等の散布方法を確立し、冬期路面管理の効率化及び工事費の縮減を図るものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.