シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 地すべり地における抑止杭構造物基礎に関する調査研究(新規)

作成年度 1985年度
論文名 地すべり地における抑止杭構造物基礎に関する調査研究(新規)
論文名(和訳)
論文副題 昭和59年度(B-1)
発表会 昭和59年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和59年度技術研究発表会
発表年月日 1985/09/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
道路整備の進展にともない地すべり地帯における道路築造が増してきており、地すべり地の複雑な地形や地盤条件、あるいは様々な規模や形態などに応じて崩壊防止のための種々の対策工が実施されている。その対策工の1つに地すべり抑止杭があり、最近とみに採用実績が多くなってきており、さらに地すべり地における橋梁などの構造物基礎の築造も増加の傾向にある。しかし、地すべり対策としての抑止杭や構造物の設計法については、地すべり形態が複雑多岐であるため不明な部分が多いこと、また歴史的にも日が浅いため調査データも少ないなど、種々の事情から設計法も多々提案されているが、各設計法間には整合性に欠ける面が見られる。特に構造細目については、特定した指針的なものが見当らないため不整合が生じており、この様なことから確たる設計法が確立されていないと云える。このため、地すべり現象の様々な要因を考えるとき、短期間の調査研究では解決が難しい間題と考えられるが、施工実績の利用及び類似する基礎の設計法などの応用、さらに現場計測あるいは室内実験などを通じ、地すべり対策工設計と地すべり地帯における構造物等の設計法について整理し、『地すべり対策工指針』の整備に資することを目的としている。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.