シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 舗装の摩耗対策に関する調査研究

作成年度 1982年度
論文名 舗装の摩耗対策に関する調査研究
論文名(和訳)
論文副題 昭和56年度(B-1)
発表会 昭和56年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 昭和56年度技術研究発表会
発表年月日 1982/10/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
近年、交通量の増大、車輌の大型化、高速化とともにスパイクタイヤによる路面の摩耗が著しくなり、路面補修費の増大、道路の維持管理及び道路交通の安全面からいろいろな問題が生じている。最近の調査によると、全車輌平均で90%以上の装着率を示している。(昭和54~55年調査)そのため、スパイクタイヤによる舗装路面の摩耗対策の樹立は道路管理者にとって急務となうているが、この間題は、冬道における交通安全に密接な関係があり、道路管理者サイドの事情だけで解決できない側面をもっている。この間題の重大さと範囲の広さから、内部の連絡調整を諮るため、土木試験所、札幌開発建設部、本局等の道路関係者からなる「舗装摩耗対策技術研究会」が発足している。また、各道路管理者(北海道、札幌市、北海道開発局)と公安委員会(北海道警察)との間で、道路交通と交通安全に関する協議の場である「道路交通管理連絡協議会」にスバイクタイヤ問題の分科会を設けて相互の情報を交換する等検討を進めている。本課題は、舗装摩耗対策に関する調査研究を行ない問題の解明をはかることを目的とする。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.