シンボルマーク独立行政法人土木研究所 寒地土木研究所

論文・刊行物検索

詳細情報

 浚渫土砂を活用した背後盛土付き防波堤の研究開発(Ⅳ)-エコグラウンド防波堤の設計と施工-

作成年度 2003年度
論文名 浚渫土砂を活用した背後盛土付き防波堤の研究開発(Ⅳ)-エコグラウンド防波堤の設計と施工-
論文名(和訳)
論文副題 平成15年度(指-3)
発表会 平成15年度技術研究発表会
誌名(No./号数) 平成15年度技術研究発表会
発表年月日 2004/02/01
所属研究室/機関名 著者名(英名)
抄録
近年、地球環境の良好な保全が求められる中、港湾・漁港構造物などの沿岸構造物においてもその取り組みが進められている。平成15年1月1日より施行された「自然再生推進法」の第3条基本理念においては「自然再生は、健全で恵み豊かな自然、が将来の世代にわたって維持されるとともに、生物の多様性の確保を通じて自然と共生する社会の実現を図り、あわせて地球環境の保全に寄与することを旨として適切に行われなければならない。」としている。また、国土交通省港湾局が平成13年3月に策定した「暮らしを海と世界に結ぶみなとビジョン」においては、良好な沿岸域環境の継承をひとつのテーマとして、港湾施設の設置に際しても、生態系に配慮した構造形式の採用に努めるとしている。釧路港西港区島防波堤は、平成10年6月に直轄事業として全国初のエコポートモデル事業に認定され"自然調和型防波堤"として整備されることとなった。本計画策定にあたっては、浚渫土砂のリサイクルを促進し、土砂処分費低減や背後盛土の滑動抵抗力により堤体幅の縮小を図るなど建設コスト縮減に努め、さらに大規模背後盛土"エコグラウンド"を藻場の生育に適した環境に近づけることにより、多様な生態系創出の場を提供することを目指している。平成12年度から実施している本研究では、構造的には防波堤の設計コンセプトを整理し、模型実験等により基本断面の設計法を提示するとともに、エコグランド部の越波伝達波低減効果を把握した。環境的には藻場形成への障害となる浮泥払拭効果や藻場部基質の材質・形状を整理した。また、施工上の課題を検討し施工計画をまとめるとともに、実証試験区間の施工過程における評価及び課題整理を行った。今年度は、実証試験区間の施工過程における評価及び課題整理を継続するとともに、平成15年十勝沖地震による影響についてとりまとめる。また、エコグラウンド端部での被覆材の安定性や、浮遊砂の払拭効果を促進させる起伏の凹凸配置について模型実験により検討を行うものである。
本文表示
このサイトで提供される情報には、PDFファイルが使われています。PDFファイルをご覧頂くにはAdobeReaderが必要です、「Get AdobeReader」をクリックしてダウンロードしてください。 AdobeReaderダウンロード
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2006 Independent Administrative Institution Civil Engineering Research Institute for Cold Region.